<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ハイレベルな英語を、お望みの方は、完全個別で結果を・・

 
 大学受験でも、その難易度により、対策が異なることは、
どなたにも、お分かりのことだと思います。

 今回は、英語の完全個別のことについて、ご案内します。

日本の国公立入試の本試験:例年2月25日試験では、

各大学が独自の問題を出す。

 当たり前のことだが、難関校ほど、その難易度は高く、

質と量に対し、解答表記に能力が問われる。

 例えば、京大の問題は、和訳問題が続き、

最後は長文英作である。模擬試験にある長文総合問題は、出されていない。

 当たり前のことだが、センター試験が終えてからの対策勉強では、

無理なことはお分かりであろう。

 9月下旬の今、5ヶ月後の本命入試のことを考えると、

この英語のことだけではないので、試練の日々が続く。

 先々のことを考えれば、当然、高1・2年から入試に向け、やり始めないと

間に合わなくなるのである。然らば、部活もあり、通学にも時間がかかる現役生が、

英語力を高める方法策は、何があろう?

 英単語・英熟語をひたすら覚える努力だけで、過去問題を解き続けることで、

望みが叶うだろうか?

 詳しいことは、面談した時にお話ししますが、

レベルの高い英語に接すると緊張感が増し、良く聞き、集中する。

 海外に、1人で暮らせば分かるが、英語だけで暮らせれば、まだありがたいが・・。

他の国の言葉が入れば、さらに緊張感が増す。想像できるであろうか??

  
 より高度な、難易度の高い英語をお求めの方は、まずご相談ください。

 ただし、中3以上の高校生が、主軸です。幼児・小学英語は、行いません。
 中1・2年生は、その生徒のレベルを見てから、保護者の方にご連絡します。
 浪人生は、他の科目の学力状況も、確認します。

                          チョキ
pic-seminar * - * 21:15 * - * -

この夏から・・


 夏休みの頃から、生徒・保護者の要望により、受験のための英語にも

力を注いでいる。

 中3生以上の学年、特に、難関大学受験の英作表現力を求めたい方は、

早めにご相談を願います。

                     悲しい

pic-seminar * - * 00:56 * - * -

9月休み明け・・

 8月下旬から、動き始めている学校もあろう。

 休み明けのテストは、いかがでしたか?

 「まぁ、こんなもんだろう・・。何とかなるじゃない。。」と、

 傷をなめる程度に、軽く考えているかもしれませんが、

 分からないモノが、だんだん多くなって来ますので、

 予・復習、類題演習を大切に。

 解答を見ても、分からなくなりますよ。。

                   砂時計

            

pic-seminar * - * 21:28 * - * -

夏休みが・・

 
 気がつけば、今週後半で、9月に入る。

先日も、高3受験生と話をしたが、半年後の今は、前期試験も終わり、

結果待ちの緊張した時だなぁ〜、、と。

 これからの半年は、緊張が増してくるので、早く感ぜられる。

 高2:9月からは、入試既出問題が、テストで頻繁に出されてくる。

 レベルは高く、授業の進みは、さらに速くなる。
 
 予復習に、各科目気をつけること。

 数・英・国語は、予習をして行かなければ、

授業を受けている意味がないのは、お分かりであろう!!

                      読書


pic-seminar * - * 18:09 * - * -

7月も終わってしまい・・

 
  久しぶりに、ブログの書き込みします。

 授業にも、追われていますが、

 遠方の大事な人を先週亡くし、時間・台風影響により飛行機での待機も

 あってか?

 自分の体調を崩してしまったのも事実でした。不覚です。


 本日も、点滴を打ちながらのスタート。

 夏風邪も、甘く見ないことですね。

 気持ちだけは、誰にも負けないので、

 根性でやり抜く以外にない、と自覚しています。

  8月下旬に、受験生対象の大学内での講座を企画申請中。

  課題はもちろんだが、受験生は半年先を見据えねば。。

 高1・2生は、9・10・11月の予習学習を。

  明日から甲子園が始まるが、気は抜けない!!

                       雨

 
pic-seminar * - * 15:06 * - * -
このページの先頭へ