<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

センター試験まで・・

 
 早いもので、あと60日ほど。

 理系に進学する者は、センター初日:文系科目で決まる

 と言っても、過言ではあるまい。

 
 時間を、大切に。


 今は、高1・2年生の進度が速い11月なので、

 学校を1週間でも休んだら、大変なことになってしまう。

 健康にも、充分気をつけてください。

                    小雨

  
pic-seminar * - * 21:54 * - * -

各進学校は、模擬テストと校内実力テストに・・


 いよいよ、連続テストに追われる季節となってきた。

週の月曜〜土曜日の模試日までに、各科目・課題テストを含めて、

幾つやっているのだろうか??と思うほど、ほぼ毎日テストに

なっている受験校もあろう・・

 11月は、さらに授業進度も速くなり、拍車がかかる。

それだけ、やることが多いのであるが・・・。

 気がつけば、センター試験まで、あと77日。

 
 受験生ならば分かっていることだが、

『英単:英熟語も・古語も・年表も・・、

もっと前から覚える努力をしておけば・・』と、悔いているだろう。。

 しかし、悔やんでも致し方ないことなのである。

 現実を知り、毎日を、この時を、しっかりと活用することだ。


 特に、高1・2年生は、部活にも追われ、のんびりしたいだろう。

が、日々の努力の積み重ねなので、毎日・毎週ごとの基本計画を

しっかりと実行することが重要であり、さらにプラスαを望むことである。

 
 人と、同じことをやっていて、結果に大きな差がつくことは少ない。

人知れず、努力の差が大差につながって来るのだから、

早めにプラスαを行うことである。

                 びっくり



pic-seminar * - * 16:20 * - * -

今年は、9月26日よりセンター試験の願書受け付けが始まり・・

 もう、受験番号を知った者もいるだろう。

センター試験まで、あと100日。

 出来る限り、計画を立てながら進めることである。

 加えて、模試・定期試験が続く。

 朝方は寒くなるので、体調管理にも気をつけて。。ショック
pic-seminar * - * 01:01 * - * -

ハイレベルな英語を、お望みの方は、完全個別で結果を・・

 
 大学受験でも、その難易度により、対策が異なることは、
どなたにも、お分かりのことだと思います。

 今回は、英語の完全個別のことについて、ご案内します。

日本の国公立入試の本試験:例年2月25日試験では、

各大学が独自の問題を出す。

 当たり前のことだが、難関校ほど、その難易度は高く、

質と量に対し、解答表記に能力が問われる。

 例えば、京大の問題は、和訳問題が続き、

最後は長文英作である。模擬試験にある長文総合問題は、出されていない。

 当たり前のことだが、センター試験が終えてからの対策勉強では、

無理なことはお分かりであろう。

 9月下旬の今、5ヶ月後の本命入試のことを考えると、

この英語のことだけではないので、試練の日々が続く。

 先々のことを考えれば、当然、高1・2年から入試に向け、やり始めないと

間に合わなくなるのである。然らば、部活もあり、通学にも時間がかかる現役生が、

英語力を高める方法策は、何があろう?

 英単語・英熟語をひたすら覚える努力だけで、過去問題を解き続けることで、

望みが叶うだろうか?

 詳しいことは、面談した時にお話ししますが、

レベルの高い英語に接すると緊張感が増し、良く聞き、集中する。

 海外に、1人で暮らせば分かるが、英語だけで暮らせれば、まだありがたいが・・。

他の国の言葉が入れば、さらに緊張感が増す。想像できるであろうか??

  
 より高度な、難易度の高い英語をお求めの方は、まずご相談ください。

 ただし、中3以上の高校生が、主軸です。幼児・小学英語は、行いません。
 中1・2年生は、その生徒のレベルを見てから、保護者の方にご連絡します。
 浪人生は、他の科目の学力状況も、確認します。

                          チョキ
pic-seminar * - * 21:15 * - * -

この夏から・・


 夏休みの頃から、生徒・保護者の要望により、受験のための英語にも

力を注いでいる。

 中3生以上の学年、特に、難関大学受験の英作表現力を求めたい方は、

早めにご相談を願います。

                     悲しい

pic-seminar * - * 00:56 * - * -
このページの先頭へ