<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

これからが、本格的な暑さ??

早いもので、8月に入ってしまった。

全国の天気予報を見ている限り、

九州方面は、連日猛暑が続いている様子が伺える。



 熊本県益城町を中心に、地震による震災に遭われた方々の苦労は、

本当に計り知れないものがあると思う。


 今月8月が、初盆になるご家族の方々には、ご冥福をお祈りします。

心労を患っている方も多い、と耳にします。

くれぐれも、体調管理には、お気をつけいただきたい、と願うものです。


 今のところ、今年は台風発生が少ない年であるが、

局所的な集中豪雨:ゲリラ豪雨は、多くなると予想できる。

 どこで発生するとも言えず、絶えず気象レーダーに気をつけて行く他なかろう。

事故のないように、安全な方法をとるべし!!

 
 話は戻るが、

 茨城・千葉、そして、地震がいつ来てもおかしくない静岡は、

心して生活すべし!!

 夏の暑さも加わり、大変なことになることを、覚悟すべし!!

 それだけに、今やるべきことを、計画立てて、しっかりやりましょう!!

                         読書



 
pic-seminar * - * 21:34 * - * -

夏休みに・・

 各学校が、大体夏休みに入った。

長くありそうで、過ぎ去ると短い夏休み。

当たり前のことだが、各人の時間活用である。

 と言うよりは、最初に計画在りきであろう。

 計画を立てる際、気をつけることは、

自分の性格を良く考えてから、立てるべきである。



 例えば、本日が7月23日。

1ヶ月後の8月23日には、休み明けの課題テスト対策にも、

追われていることは、容易に想定出来るだろう。

 自分の性格を考え、土壇場になって慌ててやる者なのか?

早めに着手し、片づけてしまうことができる者なのか?

苦手・得意それぞれの科目を、どの順に進めて行くのか?

自分自身の悪しき慣習を改めることも、課題なのである。

 夏休みの行われる模擬テストの対策勉強は?

主要科目の9月・10月予習のことも、充分考えることである。

10・11月の進度は、特に早くなり、問題レベルは高くなるので、要注意である。

 高校によるが、洋書が、長編・短編等、何冊も出されてる学校・学年がある。

時間がかかる物もあるので、タイムリミットを立てて、集中して読むことだ。

 他、自由研究の課題もあろう。面白いテーマを、探ってみることも必要であろう。

やるべきことは多い。

 生活のリズムは、早寝早起きが基本パターンであることは、当たり前なこと!!

 
 保護者の方も、わが子のことについては、つい口喧しくなってしまうものである。

落ち着いて、この時に言うことばかどうか?

 良く考えてから、適時を考えてから言う親になれるように、努めていただきたい。

 それが、親になって行くための大きな課題なのである。

                        水泳




  
pic-seminar * - * 10:28 * - * -

高校生は、定期試験が、明日・明後日で・・・

 
 6月下旬より、テスト勉強を始めて来たが、

今週8日(金)頃で、落ち着く。

 テストも終わり、気が清々した、と思いきや、

課題も山のように出されて来る。

 課題計画を、書き出して行くことである。

 いつまでに、どの科目を、計画通りに進められるかどうかは、

本人の性格にもよるが、早めのスタートでないと、数学他、9月・10月の

予習が出来なくなろうであろう。当然、順位も気になる。


 小学生では、あるまい。

課題をやって行けば、それでOK。

では、済まされないのは、お分かりであろう・・

 今回のテスト直しと、7月・8月に行われる模擬テスト対策、

9月休み明けのテストを含めて、週ごとの計画を立てるべし!!

 昔から言われて来ていることであるが、5・10日は、区切り易いので、

目標の目安になる。7月15日までには、課題は全部出されるであろう。

今週後半から、まず、20日学校が修了する頃までの目標。25日までの予定。

月末までの目標を立て、計画表を記して行くと、意外と出来るものである。

 あとは、実行できる環境を整えて行くことである。

 私の教室は、勉強できる環境としては、

通っている生徒・送り出していただいている保護者方からは、

信頼を得られていると思う。 この夏も、しっかり頑張ろう!!                      

                        晴れ


pic-seminar * - * 12:42 * - * -

こんなブログを書き込んでいる塾は、それほどないであろうが・・

 

  7月早々から、市内各高校で行われる進研記述模試、8月の河合記述模試、

 心して対処した方が良い。

  過去問題を、渡した学校もあろう。

 もらっていない学校もあろう。
 
  いただいても、自分で解答を見ながらやる以外に、方法がなかろう。

 解答を見ても、なかなか分からないであろう。

  
  おそらく、同類レベルの問題が出される。

 対策も打たずに、ぶっつけ本番で、どこまで出来よう?

  塾は、多々あろうが、定期試験対策はもちろん、高3・浪人生の

 模擬テスト対策までやっている所は、それほど多くはあるまい。

  日程や価格で、夏の講習を選ぶか?

 授業解説の内容と実力で塾を選ぶかは、選ぶ人の勝手であるが、

 自信があるから、ブログに記すのである。

  
  国公立、有名私大理系、高レベルの公立進学校を志している者は、

 早めに授業体験を。

  自分が解いて、答えを見ても分からない問題を、持参のこと。

                         鉛筆

 
  
pic-seminar * - * 11:58 * - * -

学校により、学年により、・・・

 
  

 6月中旬に入り、梅雨に入っているのだが、雨も多くなく、

幸いなことに台風が発生していない。

多く降る地方と全く降らない地方の差が、生活に影響してしまうのが怖い。

 梅雨の時期、降らなければ、ダムは枯渇し、取水制限となり、生活が困り、

降れば降ったで、降り過ぎると水害も引き起こしかねないので、困る。


 6月の時期は、中旬頃に模擬テストまたは校内テストが多い。

問題は、そのテストの対策勉強なのである。

校内テストは、範囲が定められているので、科目毎に対処して行けば良いが・・

模擬テストとなると、広範囲で、高3生だと、高1・2年次から戻らなないと

忘れているので、覚えていない、解けなくなるので、結果が惨めなことなる。

 
 先ずは、計画を紙に、日程、科目毎に記すことである。

週予定、月予定、3ヶ月予定で、記して行くことである。

公立高校の受験は、3の倍数で考えると良い。

 この時期の定期試験が終えてから、9月の県内学力調査試験。

12月の第2回目学力調査試験。来年2月で、私立高校、3月公立高校の入試なので、

ほぼ3の倍数なのである。


 問題は、大学入試となると、国公立:5教科7科目を対処するには、

相当、時間に押されるので、時間配分に注意せざるを得なくなるのである。

 もちろん、得意科目と苦手科目がある。

 ほとんどの受験生は、文系だと数理系が苦手なので、センター2日目がカギになる。

逆に、理系は、センター初日で、運命が決まることも多い。


 受験を通した者ならば、お分かりであろう。


 あと、センター試験まで、約7ヶ月であるが、実質半年と計算してかかることだ!!

全ては、逆算計画で進めることが肝要である。

 テストがあろうが無かろうが、毎日訓練。

そのためには、健康にも留意。 夏風邪、エアコンにも注意!!

                         晴れ



pic-seminar * - * 14:25 * - * -
このページの先頭へ